獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    2017年07月

    【西武2-4オリックス】
    2017y07m02d_000526585
    2017y07m02d_000501257
    14:00  メットライフドーム
    第10回戦
    (今シーズン対オリックス:3勝7敗0分)

    勝:松葉(3勝5敗0S)
    負:十亀(4勝3敗0S)

    バッテリー
    西武:
    十亀、平井、野田、大石、武隈-岡田
    オリックス:松葉、黒木、平野-若月

    本塁打
    西武:中村15号ソロ(7回)
    オリックス:なし

    辻監督のコメント
    十亀は(死球を)当てたからといって外一辺倒ではね。
    いま一番勢いのあるピッチャーだからいけると思ったが。
    インコースを狙っても甘くなるし、
    腕を振ってそこに投げきらないと。
    当てることを怖がっていたら生きていけない。
    十亀はそこを乗り越えていかないといけない。

    源田は相性が良いということもあり1番にした。
    (2番に抜擢した)水口はタイムリーを打ったわけだから、
    いいところがあると思う。


    栗山も一振りで見事な当たりだったが、好守に阻まれた。

    俺も経験があるけど、ここで打たなきゃ、
    というときに打たなかったら、選手たち自身は面白くないと思う。
    バファローズ・松葉にストライクを先行されると苦しくなるし、
    打線が弱いときに先取点を取られると効いてしまう。


    こういう苦しい時期は必ずある。
    こうすればいいとかはないけれど、積極性をなくしたらいけない。
    初球から打ち上げたら淡泊に思われるかもしれないけど、
    それは狙いにいった結果だから。


    選手たちはみんな勝ちたいと思っている。
    今日もあれだけのお客さんが声援を送ってくれて、
    昨日もあれほどの声援を聞いたことがなかった。
    そのために勝つ試合をしたい。


    「先取点を取られた、まずい」という風に選手たちが思わないように
    やっていかないといけない。
    先発ピッチャーは必死にいけるところまで全力で投げて、
    耐えてゼロ点に抑えてくれれば勝機は出てくるし、
    先にうちが点を取れば雰囲気もできてくる。
    きっかけはどういう形であれ、こっちがつくっていかないといけない。
    相手のミスを計算しても仕方ない。

    <本日終了時点・両チームの今シーズン成績>
    西武:パリーグ3位(2017シーズン通算):36勝31敗2分
    オリックス:パリーグ4位(2017シーズン通算):33勝37敗1分 

    打順を入れ替えてたが、
    打線が繋がらず・・・
    源田は少し打順を落として
    プレッシャーや疲れから少しでも
    解放してあげた方が今後のため!!
    愛斗や山田をチャンスの機会として
    スタメンで出しても面白そう!!

    7 風吹けば名無し@\(^o^)/ (ワッチョイWW 19c6-ruzH) :2017/07/01(土) 16:45:47.29 ID:Q/r1kp3k0.net

    森も呆れとったわ


    続きを読む