獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    埼玉西武ライオンズ

    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2016/09/08(木) 23:47:12.98 ID:wbVvNMMb0.net

     (パ・リーグ、西武2-8ロッテ、23回戦、ロッテ13勝9敗1分、8日、西武PD)西武先発の郭俊麟投手(24)は今季2度目の危険球退場。三回途中4失点で3敗目(0勝)を喫し、2軍落ちが決まった。

     3番手の藤原良平投手(30)は五回に細谷の打球右膝に受けて降板。所沢市内の病院で検査を受けた結果、右膝外側の打撲と診断されたが「2、3日は投げられない」(潮崎ヘッドコーチ)ため出場選手登録を抹消される。

     代わりにドラフト6位の本田圭佑投手(23)、ドラフト10位の松本直晃投手(25)が初めて1軍に昇格。田辺監督は「若くてイキのいい投手にやってもらう」とルーキーに期待した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000571-sanspo-base 
    1


    続きを読む

    1 かばほ~るφ ★@\(^o^)/ :2016/09/05(月) 11:53:31.86 ID:CAP_USER9.net

    「杉谷アナウンス」ウグイス嬢、驚きのプロフィルとは
    2016年9月5日06時52分

    日本ハム担当になった以上、どうしても取材したい一人だった。
    西武球団広報部の鈴木あずささん。
    西武主催試合での場内放送を担当する、いわゆる「ウグイス嬢」だ。
    日本ハム戦で杉谷の打撃練習のときに流れる、
    ユーモアにあふれたアナウンスで有名だ。

    アナウンスは杉谷本人から頼まれたのがきっかけ、
    マイナス面は言わない、など一通りの話を聞き終えた後、
    鈴木さんのプロフィルを尋ねた。
    すると、「私、札幌出身なんです」。
    身を乗り出したとき、「札幌ドームでも働いていました」。
    驚きのあまり、のけぞってしまった。

    鈴木さんは高校生まで札幌など道内で育ち、
    大学で関東に出て、卒業後、札幌に戻った。
    「札幌ドームで見学ツアーのアテンダントをしてました」。
    2003年のシーズンオフ、
    西武が募集した場内アナウンスの採用試験を受け、今に至る。
    日本ハムが札幌に本拠を移したのが04年なので、ちょうど入れ替わりだ。

    日本ハムとの不思議な縁を持つ鈴木さん。
    「杉谷アナウンス」がいつまで続けられるかと、ふと思うときがある。
    基本的に試合前の打撃練習で打球の行方に注意を促す内容なので、
    アナウンスは観客がいるときに限られる。

    先発メンバーや主力の練習は、開場前にほぼ終わっている。
    観客がいる時間帯に練習するのは、控え選手なのだ。
    「レギュラーをとってほしいのですが、ちょっと寂しい感じも……」。
    透き通るような声で、複雑な心境を教えてくれた。

    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASJ934FZLJ93UTQP01Y.html


    待ってました「杉谷アナウンス」 ハム戦西武ドーム名物
    http://www.asahi.com/articles/ASJ805G72J80UTQP023.html
    西武球団広報部の鈴木あずささん。主催試合での場内アナウンスを担当している

    (出典 www.asahicom.jp)

    打撃練習を終え、放送席の鈴木さん(左端)へ、アナウンスのお礼を言いに行った杉谷(右端)
    =7月27日、西武プリンスドーム

    (出典 www.asahicom.jp)


    続きを読む