獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    栗山巧

    1 名無しさん@おーぷん :2017/12/06(水)20:01:30 ID:NEM

    栗山はなぜ「リアル野球盤」を
    企画したのか―「この先がすごく楽しみ」

     雲ひとつない青空に、ファンファーレが鳴り響いた。
    グッとバットを握り締め、打席に向かう背中を、
    応援歌が送り出す。

     まるでプロ野球のデーゲームのような光景だ。
    だが明らかに違う点がある。
    打席に立つのは、チームに属して野球の練習を
    したことがない小学生だった。
    勝手が分からず、戸惑う様子の子どもたちに、
    張りのある声が飛ぶ。

    「ええんやで!思い切り振るだけでええ!」

     にこっと笑って、手をたたく。
    声の主は、ベンチの前の背番号1。
    西武の栗山巧外野手だった。
    2017y12m07d_134909186
    https://full-count.jp/2017/12/06/post96542/

    なんてカッコええんや…

    続きを読む

    1 砂漠のマスカレード ★ :2017/11/06(月) 19:19:10.19 ID:CAP_USER9.net

    埼玉西武ライオンズは6日、11月23日にメットライフドームで開催する「LIONS THANKS FESTA 2017」で
    栗山巧外野手と浅村栄斗内野手の実家の味を再現したカレーを限定発売すると発表した。

    「キャプテンズカレー 栗山家の味」「キャプテンズカレー 浅村家の味」と銘打ち、2012~16年までキャプテンを務めた栗山、
    17年にキャプテンに就任した浅村の“両家のお母さん直伝のアドバイス”を受け、実家の味を再現した。
    購入特典として、「キャプテンズカレー特製ポストカード」をプレゼントする。レトルトタイプも販売する。

    栗山は「昔食べていた味に似ていて、懐かしい感じがします!美味しいっす!」とコメント。
    浅村は「実家にいるころはよくカレーを食べていました。再現したこのカレーも美味しいので、ぜひ食べて欲しいです!」と呼びかけている。

    また、外崎修汰内野手の実家である「外崎農園」(青森県)で育てた「サンふじ」も販売する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171106-00010004-baseballc-base
    11/6(月) 19:11配信


    (出典 baseballking.s3.amazonaws.com)


    (出典 baseballking.s3.amazonaws.com)


    (出典 baseballking.s3.amazonaws.com)

    続きを読む

    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/03/14(火) 13:27:56.67 ID:6vDATJQ60Pi.net

    プロ野球の西武は14日、栗山巧外野手(33)が乗用車を運転中に交通事故にあったと発表した。背中の張りを訴えて病院で診察を受けたが、軽症だという。

    球団によると、同日朝、中日とのオープン戦のため、メットライフドーム(埼玉県所沢市)に向かう途中、東京都内で信号待ちで停止していたところ、後ろから車に追突された。15日以降のオープン戦への出場は状態をみて判断するという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000051-asahi-soci
    2016y09m17d_162413473

    続きを読む

    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/02/21(火) 21:31:01.75 ID:9C6mx//j0.net

    栗山が幕末志士に、ライオンズナイターPR「結構いける」 Bクラスからの夜明け目指す
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00010002-nishispo-base
     栗山が今季の「文化放送ライオンズナイター」PRクリアファイルに登場する。
    幕末の志士をイメージした仕上がりに「いいでしょ! (衣装を)着てみたらぴしっとして、結構いけるやんと思った」とニヤリ。クリアファイルは同番組にメッセージを送り、放送で紹介されるなどすれば、手に入れられる。
    明治維新を成し遂げた志士のように、獅子は3年連続Bクラスからの“夜明け”を目指す。

    (出典 i.imgur.com)


    続きを読む