獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    秋山翔吾



    1 名無しさん@おーぷん :2018/12/24(月)19:07:07 ID:mft

    来季が3年契約の最終年。3日に行った契約更改では球団から改めて複数年契約を提示されたが断っていた。
    2018y12m25d_143848263
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181224-00000038-kyodonews-base

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2018/12/22(土) 22:31:09.49

    秋山は順調にいけば来季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得する。来季で3年契約を満了する秋山に対して、契約更改交渉では球団側から現契約を破棄しての新たな複数年契約も提示されたが、これは断っていた。
    2017y08m11d_023058918
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000146-spnannex-base

    メジャーor楽天or西武どこに行くのか

    続きを読む

    1 名無しさん@おーぷん :2018/12/16(日)18:21:20 ID:ggk

     打線の中軸を務めるのにふさわしい勝負強さも兼ね備え、今季も24本塁打、82打点という成績を残している。
    「自分としては1番でも3番であってもやることは変わらない」。例えば上位に金子侑、源田と並べば、さらに機動力を生かすオーダーが可能となり、攻撃の幅が広がる。3番にも座った2017年には首位打者を獲得しており、打順に不安はない。
    2018y06m25d_113915658
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00010001-nishispo-base

    3番の時は打てなかった記憶が・・・

    続きを読む

    1 名無しさん@おーぷん :2018/12/10(月)21:22:17 ID:sOU

    長いシーズンの中には、偉大な記録から、あっと驚く珍記録までさまざまな数字が残された。記憶に残る記録から、そうでもないものまでギュッと凝縮してお届けしよう。

    歴代単独5位にも
     タフな男がパ・リーグの頂点に立った。7月21日の楽天戦(メットライフ)で秋山翔吾が愛甲猛(ロッテ)を抜き、パ・リーグ新の536試合連続フルイニング出場を達成。「最後まで代えられず、チームにとって必要な選手でいたい」という秋山の野球哲学が詰まった同記録。2014年9月から続けるが、さらに9月9日のロッテ戦(同)で575試合に伸ばし、松井秀喜(巨人)を抜き、歴代単独5位となった。

     連続フルイニング出場の上位4人は以下だ。1位・金本知憲(阪神)1492試合、2位・三宅秀史(阪神)700試合、3位・衣笠祥雄(広島)678試合、4位・鳥谷敬(阪神)667試合。鳥谷の記録はすでにストップしており、現役でトップは秋山だが上位4人にどこまで迫れるか楽しみだ。
    2018y12m11d_002825593
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181210-00000012-baseballo-base

    パリーグでは1位の模様

    続きを読む