獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    炭谷銀仁朗

    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/03/21(火) 15:24:51.01 ID:vafdq723a.net

    七回にも、珍しいシーンが。この回の日本の守り。
    捕手から一塁へ回った炭谷銀仁朗(西)は、そのまま捕手ミットをはめて守備に就いた。
    日本でも珍しい光景だが、一塁手用のミットを持っていないため仕方なかった。
    2死後、二ゴロの際の送球を無難に捕球してベンチへ戻ろうとすると、一塁審判から呼び止められ、球場は一瞬騒然となった。「怒られるんかな」。
    炭谷は覚悟したが、こう言われたという。「長く審判をやってきたけど、捕手ミットで一塁を守る選手なんて初めて見た。君はすごい。信じられないよ」
    http://www.asahi.com/articles/ASK3P2RBJK3PUTQP007.html
    2017y03m03d_112648763

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2017/03/14(火) 12:42:47.58 ID:ODyJ5ALm0Pi

    炭谷が正捕手小林に「デスパ封じ」の秘策を伝授する。
    デスパイネは過去3年ロッテでプレーし、小林が所属する巨人戦に出場したのは昨年の交流戦での3試合のみ。
    それだけに「同じリーグなのでデスパイネの情報は多いし、伝えてあげたい。(大野を含む)捕手3人で力を合わせて、チームの勝利に貢献していきたい」。
    侍ジャパン追加招集の今大会はここまで出場機会がないが、縁の下の力持ちとして支える構えだ。
    2017y03m14d_165812266

    続きを読む

    1 名無しさん@おーぷん :2017/03/03(金)05:10:29 ID:Vzu

     ふくらはぎの張りで別メニュー調整を続けている侍ジャパンの嶋基宏捕手(32)がWBC出場を断念することが2日、分かった。
    代役招集は西武・炭谷銀仁朗捕手(29)が決定的となった。

    炭谷は13年の第3回大会に出場。
    WBC球を扱った経験は大きい。
    さらに、小久保監督の下でも15年のプレミア12のメンバー入りを果たしている。
    当時、菅野、武田、則本らとも練習中から球を受けており、大会直前の合流でも十分に対応できる。
    西武は現在、練習試合のため宮崎に滞在しており、合流は4日となる見込みだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000154-spnannex-base
    2017y03m03d_112648763


    続きを読む