獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    元西武の選手

    1 風吹けば名無し :2018/12/09(日) 15:47:12.28

    炭谷選手は、移籍の経緯に触れ 
    「実は4球団が声を掛けてくれた。楽天と巨人の提示額は同じだったし、決してお金で選んだのではない」と明かした。 
    2018y12m10d_004039669
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000017-kyt-spo

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2018/12/09(日) 06:10:52.68

    【巨人】炭谷銀仁朗、打率2割8分を自らに厳命!恐怖の8番へ「打たないと」

     西武から巨人にFA移籍した炭谷銀仁朗捕手(31)が8日、来季の目標に“原ノルマ”を上回る打率2割8分を自らに厳命した。入団会見では原監督から「2割5分打ってほしい」と言われていたが、炭谷は「2割8分は打つつもりでいます。打ったことはないですけど、打たないとダメだと思う」。指揮官の期待をさらに上回る成績を目指す。

     西武でのキャリアハイは17年の打率2割5分1厘で、今季も同2割4分8厘だが、「試合に使ってもらうためには、守備の部分だけではなく、打撃でもしっかりと結果を残していかないといけない」と気を引き締めた。

     炭谷が“恐怖の8番打者”となれば、それだけチームの得点力も上がる。今シーズン序盤、8番の小林が一時打率リーグトップに躍り出た時は、下位打線から好機を作り出し、1番・坂本勇ら上位打線が走者をかえすパターンで4月だけで6試合も2ケタ得点が生まれた。

     来季はFAで丸が加入することで、坂本勇、岡本と上位打線には好打者がそろう。さらに原監督が初めて指揮官を務めた02年、巨人は8番打者の打率が2割9分1厘だった。140試合中56試合で8番に座った阿部は、この打順で打率3割4分5厘をマーク。圧倒的な攻撃力でリーグ制覇しただけに、炭谷も「いい打者が多いので、自分の打率がよければ、それだけ得点のチャンスは増える」と意気込んだ。

     この日は京都市内で自身の後援会が主催する激励会に出席し、恩師の龍谷大平安・原田監督からは新天地での戦いにエールを送られた。「チームの優勝に貢献出来るように」と炭谷。守りだけではない。打撃でも原巨人に欠かせない存在となる。(後藤 亮太)
    2018y04m02d_195544605
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00000013-sph-base

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2018/11/29(木) 08:34:06.54 ID:/TjKJi9xM.net

     だが一方で、炭谷はいま別の金銭闘争に頭を悩ませていた。順調に進む本業の「交渉」とは裏腹に、自身が関わる交通事故の示談「交渉」が物別れに終わり、裁判の渦中にあるのだ。

     事故が起きたのは今年5月13日の午後7時過ぎのこと。炭谷は愛車で練馬区内にあるコンビニに立ち寄った。この時、炭谷は後部座席におり、ハンドルは知人が握っていた。
    そして、車が駐車場に入ろうとすると、先に停車していた軽トラックが動き出す。炭谷の知人はブレーキを踏み、クラクションを鳴らしたが、

    「一瞬のことで急には止まれませんでした。あの日は仕事帰りにタバコが吸いたくなってコンビニに寄ってね。さぁ、帰ろうかと思って車を出したら、ぶつけてしまったんです」

     そう明かすのは、軽トラを運転していた男性である。

    「高いと言われても…」

     接触事故を起こした直後、相手方の車からは、

    「2人の男が降りてきて、運転手じゃない方の大柄な男と話をしました。まもなく警察が到着。実況見分が終わったところで、“事故を起こしてすいません”とお詫びもしています」(同)

     ちなみに、「大柄な男」の正体は知らなかったようで、

    「えっ、炭谷だったの? 事故当日はバタバタしてたし、その後のやり取りは保険屋にまかせっきりだったから気付かなかった。オレ、巨人ファンなんだけどな」(同)

     一方で、炭谷側の対応には不満が残るという。

    「修理費用として150万円を請求されていると知った時は“高すぎる”と思いました。被害はドアがボコッと凹んだ程度。野球のボールくらいの大きさですよ。
    しかも、10:0でこっちの責任だと言って譲らない。その上、修理費用に代車代の90万円などを加えて約300万円の損害賠償訴訟まで起こされた。このくらいで裁判にしなくてもいいのにねぇ」(同)

     炭谷本人はこう語る。

    「金額についてはきちんと業者に見積もりを出してもらっているので高いと言われても……。代車としてベンツを借りましたが、事故に遭った車と同等の代車を手配してもらっただけです。
    事故の時に僕の車が停止していたこともコンビニの防犯カメラで確認済み。示談に至らなかったのは互いの保険屋さんによる交渉の結果としか言いようがありません」

     球団ならまだしも、巨人ファン相手に「金銭闘争」というのは間が悪い。
    2018y11m29d_132111163
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181129-00552374-shincho-base

    続きを読む