獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    コーチ

    2020y08m27d_142539297
    西武・西口チーフ投手コーチは12球団一の激務!? 前任者はストレスで体重8キロ減 西武・西口チーフ投手コーチは12球団一の激務!? 前任者はストレスで体重8キロ減
     もしかすると12球団一のハードポジションかもしれない。それは西武のチーフ投手コーチのことだ。 
     現在はライオンズ一筋21年で182勝(118敗)を積み上げた元細腕エース・西口文也コーチ(47)がその任務に当たっているのだが、チーム内外の関係者から「12球団で一番走っている投手コーチ」と、激務を心配されている。 
     なにしろ3年連続でパ・リーグのチーム防御率最下位にあえぐ投手陣を預かる担当責任者だ。試合中、先発やリリーフ投手がマウンドでトラブルを起こすたびにベンチを飛び出し投手の元へ。時にピンチを背負った投手、打たれて落ち込む投手をなだめすかし、勇気づけ、間を取る。 
     1試合で5回、6回ベンチとマウンドを往復するのも珍しくなく、多い時は8~10回とマウンドに駆け寄り、トラブルの真っただ中にいる投手を落ち着かせる。   ベンチでは試合の序盤から苦虫をかみ潰したようにマウンドを見つめる辻監督の背後から、この後の継投プランを打診しブルペンに電話。そのベンチのバタバタぶりを見て動揺した投手がマウンドで傷口を広げる…という悪循環が最近の西武では常態化している。
       昨季、このチーフ投手コーチの任に就いていた小野和義氏(現編成プロ担当)は日々の激務とストレスで一時期、体重が8キロも落ちていた。他球団の同業者が「今の(小野氏の)健康的な姿を見ると、西武の投手コーチがいかに激務かが分かる」と同情されている。 
     同ポジションは西武がリーグ連覇を果たしたこの2年間でも土肥義弘氏(現編成プロ担当兼国際業務部)、小野氏とチームの優勝と関係なく立て続けに担当者が交代している。果たして西口コーチはどうなるのか…。
    (出典:野球(東スポWeb))

    スイスポ
    @1023swiftsports

    ベンチのバタバタを見て、動揺した投手が更にの件、まさにその通りだよね。投手が打者に集中出来ない要因なんじゃないのかな?

    2020-08-27 13:30:34

    (出典 @1023swiftsports)

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2020/08/07(金) 15:15:11 ID:IXKucS5M0.net

    「プロ入りした途端に肩が痛くなりストレートが150キロ台から130キロ台に。
    いろんな病院に行ったんですけど、どこでも『原因不明』という診断。
    何だったんでしょうね(笑)」

    精神的なもんだったんやろか?
    2020y08m08d_112501597

    続きを読む

    続きを読む

    1 名無しさん@おーぷん :20/05/17(日)22:48:39 ID:bz9

    走攻守揃っている感は異常
    2020y05m18d_005140736

    続きを読む

    1 名無しさん@おーぷん :20/04/17(金)09:11:32 ID:cLA

    しかもイケメン
    これもうなろう主人公じゃん
    2020y04m18d_003752839

    続きを読む