獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    コーチ


    西武・金子侑司らが築く「盗塁王国」。コーチと共に追い求める理想の走り。西武・金子侑司らが築く「盗塁王国」。コーチと共に追い求める理想の走り。
    2016年、53盗塁をマークして盗塁王を獲得した金子選手が、「盗塁」に関してこんな話をしてくれました。
    「盗塁には“勇気”がいるんです。その勇気を与えてくれる状況を作ってくれるのが、今のライオンズです。以前、友亮さんが『すべての責任は俺が取る』とチームに言ってくれたんです。『だから失敗したときのことはまったく考えなくていい』と。あれからチームが変わりました」
    金子選手の言う「友亮さん」とは、ライオンズの佐藤友亮・外野守備走塁コーチのこと。現在は、一塁ベースコーチとしてライオンズの走塁戦略を一手に担う存在です。
    (出典:野球(Number Web))
    2019y07m24d_162122697

    まれもる
    @maremoly

    盗塁に関して選手はみんな友亮さんの事を語ってるな!守備でもベンチから外野に位置を支持する姿はまさに諸葛孔明

    2019-07-24 12:37:13

    (出典 @maremoly)
    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/06/29(土) 21:08:16.77 ID:DFtLF1uPpNIKU.net

    2017年6月28日、西武・森慎二投手コーチは42歳という若さでこの世を去った。突然の訃報からちょうど2年。
    現役時代だけでなく、コーチとしても同じユニホームで戦った黒田哲史内野守備走塁コーチ(44)は、今でも亡き同い年の親友へメッセージを送っているという。

     2人は埼玉・所沢にある西武の若獅子寮でも寝食をともにした大の親友だった。「友人以上、家族未満。基本的に野球の話はしないのに不思議と性格が合った。遠征先でもどこに行くのも一緒。食べたいものも、行きたい場所も不思議と一緒」

     それだけに突然、親友が他界してしまった寂しさは計り知れない。黒田コーチは今でもスマホを手に、森さんが生前に使用していたLINEのIDにメッセージを送っているという。

    「今でもLINEしてますよ。悩んだりとか、自分のグチとかね。日記みたいな感じですかね」

     もちろん返事は返ってはこない。だが、LINEのメッセージは森さん宛てに飛んでいく。「既読にはならないですけどね。去年は優勝報告もしました。僕は向こうの世界には行ったことないけど、もしかしたら見守ってくれているかな」と現在も近況を送り続けている。
    2019y06m29d_235319147
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00000003-tospoweb-base

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/05/07(火) 10:13:23.90

    2019y05m07d_151635275

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2018/11/29(木) 11:09:05.06

    “左のおかわり”が引退を決意。西武・坂田「悔いはひとつだけ……」

     「僕はバッティングについては、西武にいる間、本当に自分の好きなように打たせてもらいました。監督やコーチ陣に、いつも『好きなように打て』と言っていただけて、何かを強要されたことはありません。そのことにも本当に感謝しています。充実した野球人生でした。ただ、ひとつ悔いが残るのは『ビールかけがしたかった』ことくらい(笑)。ちょうど日本一になった年のドラフトで指名されて入団して、今年は一軍登録がなかったので参加資格がありませんでしたから」

     今後は球団に残り、二軍スコアラーとして若手の育成や強化に取り組んでいく。サポート役での日本一を目指す坂田の第二の人生は、幸運続きであるに違いない。
    2018y11m29d_170949780
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181129-00832671-number-base

    続きを読む