獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    松坂大輔

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/30(月) 12:26:14 ID:un1WNxM99.net

    西武は30日、松坂大輔投手について、28日に右膝にコンディショニング目的の注射を行ったと発表した。

    30日以降の練習は数日間、別メニューで調整するという。

    右腕は22日の日本ハムとの練習試合で登板し、5回4安打4失点。5四死球と制球に課題を残していた。
    2020y03m30d_175549894
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200330-00000050-dal-base
    3/30(月) 11:39配信

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2020/03/28(土) 16:48:43.26

    西武・松坂が訴える「12球団同時活動停止」

     発言の背景には何があるのか―ー。27日に西武・松坂大輔投手(39)が12球団が同時に活動を停止する必要性を訴えた。

     阪神・藤浪を含む3選手が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、こう発言した。

    「(今の状態を)落とすわけにはいかないですけど、やるならみんな同じ条件でやるべき。やっぱり阪神がああいう状況になって試合ができないわけじゃないですか。
    そこは(感染者が)出たからそこのチームだけとかじゃなく、12球団が足並みを揃えてやるべきなんじゃないかと思います。
    (練習、練習試合が)できなくなったらなったでそれなりのやり方を考えます。やるに当たってみんな同じ条件でやるのがフェアなんじゃないですかね」
    2020y03m28d_185407594
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00000020-tospoweb-base

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2020/03/16(月) 18:40:30.71

    200勝まであと30らしいけど
    2020y03m17d_095928868

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2020/02/25(火) 15:23:21 ID:kUdBC1k10.net

    西武・松坂が195日ぶり実戦登板 2ラン被弾に「そりゃそうだよな、という感じ」

    開幕ローテへの手応えは「まだない」
     西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手が25日の韓国・斗山ベアーズとの練習試合(サンマリン宮崎)に先発。中日に在籍した2019年8月14日ウエスタンリーグのソフトバンク戦以来195日ぶりの実戦マウンドで、1回3安打2失点。奪三振はなし。MAXは141キロだった。

     先頭のパク・ゴンウ(右打者)は二ゴロに仕留めたが、2番ジョン・スビン(左打者)に右中間を破る三塁打を許し、3番オ・ジェイル(左打者)に初球の139キロを右翼席中段に放り込まれた。続く4番キム・ジェファン(左打者)は左飛。5番チェ・ジュハン(左打者)に中前打されたが、6番キム・ジェホ(右打者)は右飛。松坂はこの回だけで降板した。

     降板後に本塁打について松坂は「あの投げミスは(公式戦では)してはいけないなと。真ん中でしたね。打たれた瞬間、行ったと思ったし、そりゃそうだよな、という感じ」と反省を口にした。

     ストレートの球速については「140出ればいいというところですかね」と納得した様子。「(開幕先発ローテ入りの手応えは)まだないですね。あと何試合投げられるかわからないが、次は3(回)でも4(回)でも行けたらいい」と、次回登板への意欲を示した。
    2020y02m25d_153810721
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00700389-fullcount-base

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2020/02/20(Thu) 18:09:43 ID:OBKS0lq/0.net

    西武・松坂の「21歳の240イニング伝説」に若手投手陣あぜん

     松坂の復帰に関してはこの短期間でもブルペンでの精力的な投げ込み、常に実戦での最悪を想定した取り組み、その言動が“本物のエースを見たことのない”若手投手陣に有形無形の刺激を与えてきた。
    一方で、今季から松坂とともに15年ぶりに復帰した同じOBの豊田清投手コーチ(49)の加入で西武がかつて「投手王国」だった時代の二枚エース(西口、松坂)、そして守護神が図らずも現場に再集結する格好となった。

     90年代後半~00年代前半の西武においてこの三者の実績は光り輝いており2年連続、チーム防御率パ・リーグワースト(18年=4・24、19年=4・35)に沈む現投手陣にとっては想像できない記録ばかり。
    第1クール最終日(4日)夜に行われた松坂や新人2投手、豊田コーチらを歓迎する「投手会」でもにわかには信じられない“おとぎ話”をさかなに酒席は盛り上がりを見せたという。
    2020y02m20d_195938386

    続きを読む