獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    松坂大輔

    1 風吹けば名無し :2020/01/06(月) 21:19:55.60 ID:OMhfuPXqr.net

    【西武】辻監督、松坂は「客寄せパンダじゃない」

     西武の辻発彦監督(61)が6日、佐賀市内で自身の後援会パーティーに出席した。今季から新加入する松坂大輔投手(39)について、「客寄せパンダじゃない」と強調。日米通算170勝の右腕を戦力として期待しているとした上で、「野球人として残してきたものはすごいものがある。プロ野球を背負ってきた選手に敬意を表してマウンドに上げますよ」と話した。

     パーティーでは壇上でトークショーを開催。開幕投手の最有力候補にニールを挙げ、外崎は引き続き二塁で起用する構想を披露した。昨季までパ・リーグ2連覇を達成したが、クライマックス・シリーズでは無念の2年連続敗退。「中村、栗山くらいしか日本シリーズを経験していない。若い選手が成長するため、チームがもっと強くなるために晴れ舞台を経験させてあげたい」と日本シリーズ進出への思いを口にした。
    2020y01m07d_002727899
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-01060172-sph-base
    え、戦力扱いなん…?

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/12/31(火) 09:27:12.56

    2020y01m01d_121619251
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00010004-nishispo-base
    リーグ3連覇を目指す西武の辻発彦監督(61)が
    30日、合計303勝の豪華「ツープラトン」プランを明かした。
    日米通算170勝の松坂大輔投手(39)と133勝の内海哲也投手(37)の
    登板間隔を空けながら起用する案だ。「2人で1人」の“ローテ投手”として
    ベテランに期待を込めた。

    実績十分の両投手は、ともに今季は故障に苦しみ未勝利に終わった。
    背水で臨む来季に向けて、指揮官も戦力として起用法を考える。
    「無理をさせることができないなら(出場選手登録を抹消して)10日空けながらでもいい」
    と説明。通常ローテ投手は中6日で回るが、2人は登録と抹消を繰り返しながら
    交互に投げるプランも浮上する。

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/12/18(水) 21:17:32.08 ID:W+FYZ/dpa.net

    中日のマスコットキャラクター、ドアラが18日、名古屋市東区の球団事務所で契約更改に臨んだ。

    今回は2%増の食パン612グラム(推定)プラス出来高で一発サイン。
    17年オフ以来、2年ぶりの契約更改だったが、複数年を結んでいたことも明かした。

    また、西武への移籍が決まった松坂大輔投手(39)には、「(僕に)最後にあいさつがなかった」と笑わせ、別れを惜しんだ。
    松坂は在籍した2年間、ドアラグッズを上回る売り上げで貢献。
    「あいつの(売り上げ)分を自分が補填(ほてん)する」。
    来季の新グッズも披露。売り上げアップに一肌脱ぐ。
    2019y12m18d_214109612
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912180000878.html

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/12/14(土) 18:56:43.16

    最後に松坂の契約条件だが、私にいわせれば年俸3000万円でも高すぎる。ソフトバンクが故障や手術でボロボロの右腕と3年総額12億円で契約したのが間違いで、いまの松坂は一軍の最低年俸である1600万円でもいいくらいだ。

    ただ、「登板回数や勝ち星、防御率の最低ラインを定めたうえで、この基本条件を上回れば満額支給し、自己責任のケガや自己都合で休んだり、成績が最低条件を下回ったら減俸」という罰則規定を盛り込んだ契約なら、3000万円でも納得できる。

    これは松坂に限らず、続出している億単位の高額年俸契約にも通じるが、プロ野球は情やどんぶり勘定の契約をやめるべきだ。短い現役時代に人生をかける選手のためにも、能力や成績の中身を正当に評価する、根拠のある契約でなければならない。
    2019y12m15d_114107351
    https://lite.blogos.com/article/423594/

    続きを読む