獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    ドラフト

    1 征夷大将軍 ★ :2020/05/09(土) 19:02:11.14

    2016y09m20d_234452662
    新型コロナウィルスの感染拡大でプロ野球はいまだに開幕のめどが立たないが、アマチュア野球も同様に大きな影響を受けている。社会人野球は早々に7月開幕予定だったとその代表を決める対象大会の中止を決定。高校野球、大学野球も同様に4月中旬からは全ての公式戦が行われていない状態だ。

    この事態によって、頭を悩ませているのはプロのスカウト陣だろう。冬のトレーニング期間を経て、春から夏にかけて大きく伸びる選手が多いが、その視察の場が完全に失われてしまっているのだ。この後、大会が行われたとしても11月に行われる予定のドラフト会議に向けての判断材料は、例年と比べて少なくなることは間違いない。そこで今回は、仮にここから何もプラスする材料がなかったとしたとしても1位指名される可能性が高い選手はどんな顔ぶれになるのか、占ってみたいと思う。

    まず投手。昨年秋の時点でナンバーワンの評価になると見られていたのが山崎伊織(東海大)だ。150キロを超えるストレートと打者の手元で鋭く変化するスライダーは伊藤智仁(元ヤクルト)を彷彿とさせ、総合力では大学ナンバーワンと見られていた。しかし3月に昨年痛めた右肘の靭帯が部分断裂を起こしていることが発覚。トミー・ジョン手術は回避して、夏以降の復帰を目指すこととなったが、その回復具合をチェックできないとなると、いきなり1位で指名する球団はない可能性が高いだろう。

    山崎が厳しいとなると、現時点でいきなり1位指名になる可能性が高いのが伊藤大海(苫小牧駒沢大)と栗林良吏(トヨタ自動車)の二人だ。伊藤は駒沢大を1年秋に中退して苫小牧駒沢大に入学し直して才能が開花。2年春に出場した大学選手権で見事な投球を見せ、それ以降は大学日本代表の常連となっている。その最大の魅力は150キロを超えるストレート。数字以上に回転の良さを感じるボールで、一昨年、昨年の日米大学野球ではいずれもイニング数を上回る三振を奪っている。ピッチングスタイルは“炎のストッパー”と言われた津田恒実(元広島)に重なるものがあり、打者を圧倒する気迫も大きな魅力だ。リリーフが手薄な球団は喉から手が出るほど欲しい投手と言えるだろう。

    即戦力度では栗林も負けていない。社会人1年目の昨年は公式戦13試合、70回2/3に登板して自責点はわずか8で防御率1.02という見事な成績を残している。奪った三振の数もイニング数を上回る74個をマークした。この成績は昨年1位でプロ入りした河野竜生(日本ハム1位・防御率1.73)、宮川哲(西武1位・防御率1.95)を大きく上回っている。コンスタントに150キロ前後をマークするストレートだけでなく、多彩な変化球も高レベルで試合を作る能力が高い。プロでも1年目から先発ローテーション入りが期待できる実力の持ち主だ。

    続きを読む

    1 名無しさん@おーぷん :20/04/13(月)21:56:17 ID:wy5

    藤浪

    マジでガッツポーズした
    2019y04m22d_144430750

    続きを読む

    1 名無しさん@おーぷん :19/12/08(日)03:04:47 ID:CCA

    結構ええと思うんやが
    2016y08m26d_234636687

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/10/19(土) 12:07:39.70

    2016y07m25d_142913449
     ◇西武 70点

     4球団が競合した佐々木朗希(投手・大船渡高→ロッテ)を1位で入札したあと、抽選で外し、外れ1位で2球団が競合した宮川哲(投手・東芝)の交渉権を抽選で獲得した。

     今年のチーム防御率4.35はパ・リーグ最下位で、12球団の中ではヤクルトの4.78に次ぐワースト2位。さらに35セーブはリーグ5位、91ホールドは12球団中最下位。先発も弱いがリリーフも相当弱いことがわかる。

     1位の宮川、2位の左腕・浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ)、3位の松岡洸希(BCリーグ武蔵)は速いストレートとキレのある変化球を操るリリーフタイプで、球団の抱える事情に合った人選である。
    競合覚悟で佐々木に向かったことや宮川を外れ1位で指名したことなど、及第点をあげていい内容だ。

     宮川は日刊スポーツ「ドラフト特集号」の中で自身の言葉でストレートの回転数が「いいときは2500~2600くらいです」と語っている。時々テレビ中継で紹介される千賀滉大(ソフトバンク)の回転数が2500弱なのでストレートの伸びに限定すればプロでも上位。
    即戦力と言っていい。縦変化のスライダー、フォークボール、140キロ台前半のカットボールも威力がある。

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/10/05(土) 12:40:01.44

    自分でやるんだから本人も納得するやろ
    2019y01m19d_232411812

    続きを読む