獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    ドラフト

    1 風吹けば名無し :2019/10/19(土) 12:07:39.70

    2016y07m25d_142913449
     ◇西武 70点

     4球団が競合した佐々木朗希(投手・大船渡高→ロッテ)を1位で入札したあと、抽選で外し、外れ1位で2球団が競合した宮川哲(投手・東芝)の交渉権を抽選で獲得した。

     今年のチーム防御率4.35はパ・リーグ最下位で、12球団の中ではヤクルトの4.78に次ぐワースト2位。さらに35セーブはリーグ5位、91ホールドは12球団中最下位。先発も弱いがリリーフも相当弱いことがわかる。

     1位の宮川、2位の左腕・浜屋将太(三菱日立パワーシステムズ)、3位の松岡洸希(BCリーグ武蔵)は速いストレートとキレのある変化球を操るリリーフタイプで、球団の抱える事情に合った人選である。
    競合覚悟で佐々木に向かったことや宮川を外れ1位で指名したことなど、及第点をあげていい内容だ。

     宮川は日刊スポーツ「ドラフト特集号」の中で自身の言葉でストレートの回転数が「いいときは2500~2600くらいです」と語っている。時々テレビ中継で紹介される千賀滉大(ソフトバンク)の回転数が2500弱なのでストレートの伸びに限定すればプロでも上位。
    即戦力と言っていい。縦変化のスライダー、フォークボール、140キロ台前半のカットボールも威力がある。

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/10/18(金) 09:54:20.19

    TBSで17日に生中継されたプロ野球ドラフト会議(後4・50)の平均視聴率が11・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。
    星稜の奥川恭伸(18)、大船渡の佐々木朗希(17)、明大・森下暢仁(22)の投手「BIG3」らが迎えた運命の瞬間。平日の夕方では異例の高数字で、関心の高さを示した。

     瞬間最高視聴率は午後5時27分の13・6%で、ロッテ・井口監督が4球団競合の末、大船渡・佐々木投手の交渉権を獲得した場面だった。

     番組は午後4時50分から同5時50分まで放送され、各球団の1位指名とくじ引きの模様などが生中継された。注目の今年も運命のドラマが繰り広げられた。

     ドラフト中継のあとに、3時間生放送された「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」(後7・00)は8・2%だった。

     ドラフト会議は、逆指名制が導入されたことでドラマ性が薄れたとされ、地上波のテレビ中継は00年にテレビ朝日が撤退。その後は、07年にフジテレビの情報番組内で中継されただけだったが、くじ引きの復活でドラマ性が高まったことで09年にTBSで中継が復活。

     今年の平均視聴率11・0%は、09年以降の同局放送の中では歴代6位タイだった。これまでの最高は、斎藤佑樹投手(日本ハム)で注目された10年の14・4%。瞬間最高は、根尾昂(中日)、吉田輝星(日本ハム)など注目選手がそろった昨年の18・6%だった。

    【近年のドラフト会議の平均視聴率】

    09年= 9・1%
    10年=14・4%
    11年=11・2%
    12年=10・0%
    13年= 9・2%
    14年=10・3%
    15年=13・9%
    16年=11・0%
    17年=13・4%
    18年=14・2%
    19年=11・0%

    ※いずれもTBS。ビデオリサーチ調べ、関東地区
    2019y10m18d_165651646
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000153-spnannex-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/10/17(Thu) 06:28:13 ID:GMQ4Euql0.net

    毎回ようやるわ
    2019y10m18d_011552316

    続きを読む