獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    メジャー

    1 風吹けば名無し :2019/08/20(火) 04:23:23.86 ID:vETlpkd90.net

    西武秋山今オフにもメジャーへ 今日海外FA権取得

    西武秋山翔吾外野手(31)が、海外フリーエージェント(FA)権の行使を視野に入れていることが19日、分かった。

    今日20日に出場選手登録が9年に達し、資格取得条件を満たす。今季が3年契約最終年となる西武残留の選択肢を含めた上で、新たな戦いの場としてメジャー移籍も視野に入れながら、決断を下す意向だ。

       ◇   ◇   ◇

    プロ入り9年目を迎えた秋山が、海外FA権の取得を前に、メジャー移籍を選択肢に加えた。昨オフに、球団から新たな複数年契約を提示されるも、結び直すことなく今季で3年契約を満了する。
    球界関係者の話を総合すると、西武残留を含めた国内球団に限らず、メジャーも選択肢として、海外FA権の行使を視野に入れているという。

    秋山は今季も打撃力の高さを見せ続けている。4月こそ低迷したが5月は打率4割を超え復調。月間MVPに選出された。1番に固定され安打を積み上げると、安打数と得点数は19日終了時点でリーグトップ。
    4度目となる最多安打のタイトルをつかもうとしている。抜きんでた実力と実績を引っ提げ、日本を代表するヒットマンとして、脂の乗りきった状態で挑戦できるタイミングといえる。

    関係者の話によると、メジャーへの思いは少しずつ湧き上がっていった。大卒で西武に入団した時には既に、高卒で入った同学年の楽天田中将大(現ヤンキース)広島前田健太(現ドジャース)が第一線で活躍。
    田中は14年、前田も16年に海を渡った。秋山もすぐに頭角を現し、15年には最多安打の日本記録を更新したが、田中と前田が見ている世界はどんな景色なのか。
    夢の舞台ではなく、新たなステージに踏み入れることで、世代を走るライバルたちに追いつきたいという思いが、次第に強くなったという。来年で32歳を迎える。ラストチャンスとして強い思いが湧き上がったようだ。

    今年1月には「結果が出なければ(メジャーは)ないわけだし、シーズンが終わった時に選択肢としてあるのかどうか」とシーズン中は封印した。
    19日のソフトバンク戦でも1人2安打と気を吐いた。試合後は「ベストの選択をするだけ」と話すにとどめ、佳境を迎えるシーズンに集中していた。
    2019y08m20d_142037611
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-08190809-nksports-base

    続きを読む

    1 ひかり ★ :2019/06/19(水) 11:46:35.68 ID:nTodPzD69.net

     パドレスは18日(日本時間19日)、牧田和久投手(34)をメジャー登録の前提となる40人枠から外し、事実上の戦力外とした。
    今後はウエーバー公示を経てトレード、傘下マイナーに合流、自由契約などの可能性があり、10日間以内に処遇が決定する。

     牧田は米球界2年目の今年は開幕から2Aで24試合に救援登板し、3勝2敗1セーブ、防御率3・82。昨季は、開幕をメジャーで迎えたものの
    マイナーとの間の昇降格を繰り返し、大リーグでは27試合で0勝1敗、防御率5・40。昨季終了後にメジャー出場の前提となる40人枠を外れていた。
    今月17日に今季初めてメジャー昇格し、同日のブルワーズ戦では登板機会がなかった。
    2019y06m19d_143438647
    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-00000102-spnannex-base

    続きを読む