獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    日本代表

    1 風吹けば名無し :2019/11/12(火) 02:50:51.34

    (中)荻野貴 OPS842
    (二)鈴木大 OPS.826
    (捕)森友哉 OPS.952
    (一)山川穂 OPS.912
    (指)筒香嘉 OPS.899
    (三)中村剛 OPS.887
    (左)青木宣 OPS.826
    (右)亀井善 OPS.786
    (遊)茂木栄 OPS.779

    ・先発
    有原 防御率2.46
    千賀 防御率2.76
    西勇 防御率2.92
    青柳 防御率3.14
    ・中継
    岩崎 防御率1.01
    宮西 防御率1.71
    藤川 防御率1.77
    増田 防御率1.81
    松井 防御率1.94
    森原 防御率1.97
    2016y08m23d_233047292

    続きを読む

    1 Egg ★ :2019/11/05(火) 23:07:04.70 ID:KuelHa3h9.net

    野球日本代表「侍ジャパン」に暗雲がたちこめている。

    「侍ジャパンの興行権をNPBが手放すんじゃないか、という話が出ています。こんな状況の中で、(11月2日から開催中の)「プレミア12」が盛り上がるとは思えない」(侍ジャパン担当記者)

     関係者、ファン共に無視できない話が出始めている。原因は、「侍ジャパンはビジネスとして成り立たない」というから穏やかではない。侍ジャパンにいったい何が起きているのか。

     オリンピックの日本選手団、サッカー代表「サムライブルー」、ラグビーW杯で躍進を果たした「ブレイブ・ブロッサムズ」をはじめ、日の丸を背負う「日本代表」は、どの競技でも盛り上がりをみせている。

    野球日本代表は長い間、アマチュア球界主導で招集されていたが、1999年のシドニー五輪予選で初めて「プロアマ混成チーム」を結成。2004年のアテネ五輪には、メジャーリーガーを除く“オールプロ”で臨んだ。その後、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)など、メジャーリーガーを含む日本最強チームで世界に挑むようになった。

    そのような紆余曲折の流れのなか、12年の「代表常設化」からNPB主導で侍ジャパンを利用したビジネスが展開されている。侍ジャパンが対外試合を行えば、チケットやグッズは売れて、テレビ視聴率は高い数字をキープしていた。

    これまでオールスターや日本シリーズしか大きな収入源がなかったNPB側に莫大な収益をもたらしていた。

     しかし、ここへ来て風向きが大きく変わっている。冒頭で触れたように、NPB側は保持していた侍ジャパンの権利を手放すかもしれない、というのだ。NPB関係者は、頭の痛い現状についてこう話す。

    「日本代表と言ってもトップ選手が出られない。日本人のメジャーリーガーは、所属球団の出場許可がまず出ない。また、選出されてもシーズンを考慮して辞退する選手が少なくない。

    実は、下交渉時の出場打診段階で辞退する選手がかなり多いのです。その結果、『最強の日本代表』を結成することができません」

    2019年11月5日 17時0分 ディリー新潮
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17336347/


    (出典 image.news.livedoor.com)

    続きを読む