獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    諸事情のため更新頻度が現在下がっています。
    少しずつにはなってしまいますが、更新していきますので、
    よろしくお願いいたしますm(_ _ )m
              ~ ししたま管理人より ~

    東北楽天ゴールデンイーグルス

    1 風吹けば名無し :2021/07/04(日) 19:04:31.87 ID:ykVmVhxBM.net

    楽天、巨人から金銭トレードで炭谷銀仁朗の獲得を発表 貴重なベテラン捕手が加入

    今季はここまで44試合に出場し打率.188、1本塁打7打点
     楽天は4日、金銭トレードで巨人から炭谷銀仁朗捕手の獲得に合意したことを発表した。7月5日にオンラインで記者会見を行う。

     炭谷は2005年の高校生ドラフト1巡目で西武に入団。2018年に海外FA権を行使し巨人に移籍しベテラン捕手としてチームを支えた。今季はここまで44試合に出場し打率.188、1本塁打7打点の成績を残していた。

     楽天はこの日のロッテ戦に6-8で敗れ4連敗を喫し、首位オリックスとのゲーム差が「4」に広がっていた。太田、下妻、田中貴ら若手捕手が揃う中、経験豊富なベテランはチームの起爆剤として期待される。
    2021y07m04d_202909582
    https://news.yahoo.co.jp/articles/745ac27fde33e188bd9208cee4510cae880c7c50

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2020/10/31(土) 18:04:36.98

    罰ゲームを熱い譲り合い
    2020y10m31d_232438537

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2020/10/19(月) 18:54:30.36

    基準あいまい「印象度」も影響 混沌パの新人王は誰だ

     パ・リーグは残り20試合を切ってもソフトバンクとロッテ、楽天が優勝、CS争いを続けているが、激しい攻防はそれだけではない。各部門のタイトル争いも佳境を迎えている。中でも混沌としているのが各リーグから1人ずつしか選出されない「新人王」。ポジションやタイプの異なる選手が候補に名を連ねているためである。

     まず投手では西武のプロ3年目右腕・平良海馬(20)の成績が目を引く。160キロ近い剛速球を武器に、シーズン序盤から「勝利の方程式」の一角として奮闘。18日現在、44試合の登板で1勝0敗、25ホールドを記録する。防御率も9月末から1点台(1・70)を死守。投手なら筆頭候補であることは間違いない。

     一方、野手の有力候補は楽天のルーキー内野手・小深田大翔(25)だ。シーズン序盤こそ出場機会に恵まれなかったものの、7月上旬からスタメンに定着。以後は主に1番、9番打者として二塁、遊撃を兼務するなどチームに欠かせない存在にまで成長した。一時調子を落とした打撃も9月中旬から持ち直し、18日時点で打率2割8分、1本塁打、22打点。盗塁数もリーグ6位タイの15個をマークしているだけにこちらも目が離せない。

     と、ここまで数字を挙げて比較をしても平良と小深田のどちらが上位かを判断するのは難しい。いや、ポジションが違うのだから成績の比較自体がナンセンスと言えよう。それでも新人王は各リーグ1人ずつしか選出されないばかりか、一定資格を持ったプロ野球担当記者による投票で選出される。チームへの貢献も含めた「印象度」も加味される傾向にあるため、こうした事情が選考を難解にしている。
    2020y10m19d_235110267
    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/2308425/

    どっちがふさわしい?

    続きを読む

    913 風吹けば名無し (ワッチョイW 57be-aRm4) :2020/09/16(水) 21:02:01.50

    【速報】
    楽天と0.5ゲーム差
    2020y09m16d_215322845

    続きを読む

    1 Time Traveler ★ :2020/09/12(土) 12:16:11.42 ID:CAP_USER9.net

    楽天は12日、渡辺直人内野手が今季限りで現役引退すると発表した。1980年生まれの“松坂世代”が、また1人ユニホームを脱ぐことになった。

    06年大学・社会人ドラフト5巡目で楽天入り、ここまで通算853安打

     楽天は12日、渡辺直人内野手が今季限りで現役引退すると発表した。1980年生まれの“松坂世代”が、また1人ユニホームを脱ぐことになった。

     渡辺は2006年大学生・社会人ドラフト5巡目で楽天入り。横浜・DeNA、西武でもプレーした。今季は1軍打撃コーチを兼任していた。プロ実働14年で通算1134試合出場し、853安打 打率.259、7本塁打、229打点、115盗塁を記録している。(Full-Count編集部)

    2020.09.12
    https://full-count.jp/2020/09/12/post894603/

    (出典 image.full-count.jp)

    続きを読む