獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    西武ドーム

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2021/01/26(火) 09:01:36.55

    群馬 (伊香保温泉 草津温泉 榛名神社 富岡製糸場)
    栃木 (那須高原 日光江戸村 日光東照宮 あしかがフラワーパーク)
    茨城 (袋田の滝 国営ひたち海浜公園 牛久大仏)
    埼玉 (鉄道博物館 長瀞渓谷 小江戸川越 西武ドーム)
    千葉 (水郷佐原 成田山新勝寺 マザー牧場 鴨川シーワールド)
    神奈川 (新横浜ラーメン博物館 高徳寺 長谷寺 江ノ島 小田原城 箱根温泉 箱根彫刻の森美術館)
    山梨 (河口湖 富士急ハイランド 忍野八海)



    (出典 i.imgur.com)

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2021/01/25(月) 15:10:19.69


    (出典 i.imgur.com)


    改修からのグランドオープンを3月に控えた、プロ野球・西武の本拠地メットライフドームの外野スタンドに、座席が取り付けられている。その模様を球団が25日、公表した。
    西武球場時代から、外野の大部分で、いすのない「芝生席」が球場の名物になっていた。新たに設置される「外野席」にはクッションが備え付けられた座席になる。

    主にレフトの守備位置につく機会が多い栗山は、「レフトスタンドがライオンズファンで埋め尽くされているあの光景は、たまらないんですよ。
    勇気をもらえるというか、毎回『やったるで!』って気合いが入りますね」と語る。

    これまでグリーン一色だった外野席は、昨年生まれ変わった内野席エリアの約1万6500席と同様に、明るい緑・中間色の緑・深緑の3色の緑を使ったグラデーションの配色になる。
    栗山は「僕の守備位置から見える景色がどう変化するのか今から楽しみ。ただ、たとえ座席の仕様が変わったとしても、僕が守っている後ろには、
    温かいライオンズファンがいるということ、それは変わらないですからね。本当に心強い」と球団を通じてコメントを寄せた。

    2017年12月から始まったメットライフドームエリアの改修工事は、完成まで残り2カ月となっている。
    https://www.daily.co.jp/baseball/2021/01/25/0014030451.shtml

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2021/01/22(金) 15:39:56.15

    西武の本拠地にローラースライダー!? 西口コーチ「俺のスライダーより曲がる」

    ◆ 変化量は130度!

     2021年3月のグランドオープンに向け、西武の本拠地メットライフドームエリアのボールパーク化が日々進行している。

     改修計画の目玉のひとつ、三塁側に誕生する約1000m2の屋外こども広場『テイキョウキッズフィールド』内には、5.5メートルの高さから左に急転換しながら曲がり落ちていくローラースライダーの姿がお目見え。ちなみに、ローラースライダーの変化量は「130度」とキレ味は抜群だ。

     これには、現役時代に鋭く曲がり落ちるスライダーを武器に通算182勝を積み重ねた西口文也コーチも「俺のスライダーより全然曲がるやん」と目を丸くさせ、「子どもは楽しいだろうね。こんなに高いところからボールパーク全体を見渡しながら滑り下りるのは気持ちいいでしょ」と笑顔を見せた。

     さらに西口コーチは「僕の現役時代から本当に変わっていく。屋根がついて、球場が広くなり、そして球場内とその周辺も一気に変わっていく。でも当時の雰囲気を残しつつね。本拠地であるメットライフドームがこうして変わっていくことはとても誇らしい」と続け、約2カ月後に迫ったグラウドオープンに期待を寄せていた。
    2021y01m22d_221229487
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b887b328e1323c3cfdd6d9c53a7f572ef8dfe551

    続きを読む

    172 代打名無し@実況は野球ch板で :2021/01/13(水) 15:42:30.75 ID:BW5yNl3Z0.net

    日本最大級のメニュー数を誇るバラエティ豊かなスタジアムグルメが大リニューアル!21店舗の新出店や提灯が連なる新飲食エリアも登場!|埼玉西武ライオンズ

    1・3塁側コンコースを拡張したエリアなどにオープンする飲食店舗の概要が決まりましたのでお知らせいたします。

    今回のリニューアルでは、これまで以上にバラエティ豊かなお食事やドリンクなどを取りそろえることで、ファンの皆さまに野球観戦における新たな食の楽しみ方をご提案いたします。
    レストランや売店など、メットライフドームエリアの全77店舗中21店舗を入れ替える、過去最大規模のリニューアルになります。
    2020シーズンまでと比較し、1・3塁側コンコース合わせて約980㎡拡張。開放的なデッキを整備し、新しい飲食店舗やグッズショップを構えます。

    1塁側には、12球団の本拠地球場内では初出店となる「MLB café SAITAMA」、3塁側には英国風パブの「HUB」がそれぞれオープン。
    さまざまな銘柄のビールのほか、本格的なカクテルなどをお楽しみいただけます。

    また、バックネット裏方面には、メットライフドームオリジナルの業態として開発された12の新店舗が並ぶエリアが新たにオープンします。
    多種多様なドリンクを扱うお店、餃子や鶏串、天ぷらやエスニック料理など、バラエティ豊かな専門店が立ち並び、風情ある提灯が賑わいを演出します。

    さらに、2015シーズンまで当球団に在籍していた米野智人(よねのともひと)氏がオーナーを務める「BACKYARD BUTCHERS(バックヤード ブッチャーズ)」が出店。
    動物性食材を一切使用しないヴィーガン料理を中心に、ヘルシージャンクなお料理をご提供します。

    去年オープンした「グリーンフォレスト デリ&カフェ」や「クラフトビアーズ オブ トレイパーク」なども加え、
    メットライフドームのスタジアムグルメは77店舗、メニュー数は1000種類以上と、いずれも12球団の本拠地としては最大級の規模となります。
    https://www.seibulions.jp/news/detail/00004229.html

    (出典 www.seibulions.jp)


    (出典 www.seibulions.jp)

    続きを読む