獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    解説者

    1 風吹けば名無し :2020/04/16(木) 10:20:20.82

    プロ野球OBの解説者たちも厳しい状況に置かれている。

    「景気のいい時代はテレビ局と年間契約を結んでいたが、今は単発仕事がほとんどで、テレビ中継の解説1本あたり5万~10万円のギャラで生活している。
    新型コロナの影響でそれもなくなった。もちろん何の補償もないから、無収入が続いていて、先の見通しも立ちません」(ある野球解説者)

    野球解説者は現役時の実績、知名度、解説の面白さなどで特A、A、B、Cランクに分かれており、
    ランクによって地上波、BS、CSのどこで解説するかが決まっているという。

    「一番厳しいのがうちらのようなB、Cランク。試合数が減れば、その分解説オファーも減る。
    この世界、引く手数多なのは江本孟紀さん(72)や中畑清さん(66)、古田敦也さん(54)らほんのひと握り。
    ほとんどの解説者は野球教室や講演の仕事もキャンセルが相次いで、生活が困窮している。
    周りには知り合いのツテを辿って別の就職口を探している人もいます」(同前)
    2020y04m16d_121041553
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200416-00000002-pseven-spo

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/10/21(月) 19:03:02.83

    中日を退団した松坂大輔投手(39)が、なんと日本シリーズ第3戦(22日=東京ドーム)で日本テレビ系のゲスト解説を務める。
    右肩痛などで2試合1敗に終わった松坂は4日に中日を退団し、他球団で現役続行することを表明。それ以来公の場に姿を見せていないだけに、インパクトは大きい。

    昨年は6勝を挙げ復活を果たした松坂に、早い段階から日本シリーズ解説のオファーが殺到。テレビ朝日が争奪戦を制し、広島-ソフトバンク第1戦(マツダ)をゲスト解説した。
    各局は「今年も松坂さんにお願いしたいところだけど、あんな成績(2試合で1敗)の上に退団のゴタゴタがあったから、さすがに今年は声がかけられません」と二の足を踏んでいた。

    ところが、よりによって日本テレビに出るというのだから驚き。松坂は今年5月の練習日にチームから離れ、
    PL学園高出身で甲子園で投げ合ったこともある日本テレビ・上重聡アナウンサー(39)と千葉県内でゴルフをしていたことが発覚。
    球団からペナルティーを科せられ、松坂が謝罪するなど大問題になった。

    その上重アナウンサーは第4戦(23日=東京ドーム)の実況。PL学園高の3年先輩にあたる阪神・福留孝介外野手(42)がゲスト解説として登場する。
    さすがに松坂と上重アナを組ませるわけにもいかず、ズラしたのだろうが、いずれにせよ関連づけられ批判されるのは必至。
    いっそのこと、視聴率獲得のためと開き直り、松坂&上重コンビの実況で話題を集めた方がよかったのではないだろうか。
    2019y10m22d_003822043
    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/191021/bas1910210006-n1.html

    続きを読む