獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    辻監督

    1 風吹けば名無し :2019/11/25(月) 22:40:52.93

    平井を巡っては、登板過多を指摘する声も挙がっていた。
    辻監督は「ネットを見ると『投げさせ過ぎ』と書かれていたし、嫁にも『平井さんを休ませた方がいい』と言われた。
    でも、平井は休ませたら駄目なんです。2、3日休ませたら必ず打たれる。この(登板)記録は達成させたかった。勲章ですよ」と話した。
    2019y11m26d_124915686
    西日本スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00010017-nishispo-base

    アメリカだと仰天されそう

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/11/25(月) 17:05:13 ID:BMiesYYE0.net

    西武・辻監督が告白 ドラフト前日にまさかの救急搬送

     西武の辻発彦監督(61)、中村剛也内野手(36)、平井克典投手(27)が25日、都内で行われたトークイベントに参加。辻監督はドラフト前日の10月16日夜に倒れ、救急搬送されていた事実を明かした。

     イベントの主催者が本拠地の命名権を取得しているメットライフ生命ということもあり、司会者は「老後を変える。ご自身が何歳まで生きたいか」と質問。辻監督は「2人はまだ20代、30代だからいい。僕はもう61ですからね。実は僕、ドラフトの前の夜、倒れたんですよね、貧血で。人生で初めて、ファーッとなって。ドラフト前日に救急車ですよ!」と知られざる裏話を明かし、会場に集まった同生命会社の社員らを心配させた。

     すぐに回復し、球団が呼んだ救急車には自ら歩いて乗り込んだということだが「そういうことがあると人間、やばいなと思う。一年間の疲れがドッと出たのかなと。貧血にならないようにレバーやホウレンソウをいっぱい食べようかなと思いますけど…」と笑いを誘った。

     驚いた様子の司会者が「では何歳まで(生きたい)というより…」とつなぐと「はい、着実に。一歩ずつ地に足を着けて生きていきたい」と語り、さらに会場の笑いを誘ってみせた。
    2019y11m25d_180250482
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000042-tospoweb-base

    貧血で

    続きを読む

    843 代打名無し@実況は野球ch板で :2019/11/21(木) 12:42:48.73 ID:HrtLyhWTa.net

    【西武】辻監督がオーナー報告 秋山メジャーなら「センターは金子」両翼は若手の競争促す
    2019y11m21d_223343927
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-11210065-sph-base
    秋山が抜けた場合のセンターは金子侑司外野手(29)かとの報道陣の問いには、「うん、そうなったら」と明かした。
    ライト、レフトについては若手の愛斗外野手(22)、戸川大輔外野手(23)、鈴木将平外野手(21)の名前を挙げた。また、外崎修汰内野手(26)の外野での起用も「考えられる」と示唆した。

    続きを読む

    1 ひかり ★ :2019/10/13(日) 19:00:15.77 ID:Ii2UPKdU9.net

     西武は13日、クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦後に辻発彦監督の続投を正式に発表した。

     ソフトバンクに敗れ2年連続で日本シリーズを逃したが、球団はリーグ連覇に導いた手腕を評価。試合後に居郷肇球団社長が辻監督に来季の監督続投を要請し、
    指揮官も承諾。来季は2年契約の2年目となる。

    Full-Count編集部
    2019y10m13d_194154335
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00572108-fullcount-base

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2019/10/12(土) 00:04:40.71

    <パ・CSファイナルステージ:西武0-7ソフトバンク>◇第3戦◇11日◇メットライ
    フドーム

    前夜は7点を追う展開から2点差まで追い詰めた。ブルペン陣を引きずり出し「相手も
    脅威に感じていると思う」とプレッシャーをかけていたが、安打も2本だけ。糸口を見
    つけることも難しかった。崖っぷちに追い込まれ、13日に第4戦を迎える。「もう後が
    ない。やるしかない。びびることはないんだから。この台風で(悪い)運も持ってい
    ってくれたら。まだ分からない。1つ勝ったら3つあるかも。野球は分からないんだか
    ら」。言い聞かせるように雨の球場を後にした。【栗田成芳】
    2019y10m12d_005515460
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-10111095-nksports-base

    続きを読む