獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    金髪

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/11(火) 10:08:15.31

    昨年のパ・リーグMVPで首位打者、西武の森友哉捕手(24)がリーグ3連覇に挑むシーズンへの思いを明かした。
    人見知りを自認し普段は口下手という選手会長は、ワンランク上の捕手に進化するための新たな取り組みに着手。
    ド派手な金髪に込めた思いから大の仲良しでライバルでもある山川とのグラウンド外での“勝負”まで西日本スポーツのインタビューで語り尽くした。(聞き手・構成=小畑大悟)

    -昨季はMVPに輝き2連覇に大きく貢献した。新たに選手会長として迎える今季、心境の変化は。

    特にないですね。やることは変わらないので。

    -派手な金髪でキャンプインした。金色に込めた思いは

    いや、(自分に)プレッシャーをかけるとかは特別ないんですけど…。何でこんなんしたんやろうと自分でも思っています。
    でもずっと活躍しなければこんな髪の色もできないし、シーズンを通して試合に出続け活躍し続けることが大事。
    それでいろんなことができると思う。そういう意味ではプレッシャーをかけているのかもしれないですね。

    -周囲の目は?

    あまり気にならないですけど、活躍もしてないのに何してんねん、とならないように。それって気にしてるんか。
    別に活躍してるからええやんって言われるようになりたいと思います。

    -キャンプでは守備練習に力を入れている。捕手として構えから変えているそうだが

    そうですね。構えからブロッキング、スローイングと大きくは変えないけど、ちょっとずつ変えていこうかなと思っています。

    -構えはどのように変わったのか

    ほんまちょっとの差なので。ずっと見ている人は分かるかもしれないですね。足の幅であったり、構える角度であったりです。

    -自分の中では大きな変化を感じているか

    最初、違和感はすごくありました。でも、そっちの方がどっしりしているし、ピッチャーが見たときに投げやすいのであれば、ぜひそうしたいと思ったので。(投手に)投げやすくなったと言われることもありますね。

    -投手への接し方も変わった

    バッテリー間のことはピッチング練習、シート打撃、オープン戦と入っていく中で厳しく接していきたいと思います。ピッチャーの意見はしっかり聞いて、こっちの意見を言うという、コミュニケーションの時間はしっかりつくっていきたい。



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    (出典 www.nishinippon.co.jp)

    http://npb.jp/bis/players/91495139.html
    成績

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-00010000-nishispo-base
    2/11(火) 7:31配信

    続きを読む