獅子の魂@西武ライオンズまとめ

なんJ・おんJから埼玉西武ライオンズにまつわるスレッドをまとめております。

    阪神

    1 風吹けば名無し :2020/04/28(火) 08:14:56.32

    「コミッショナーは、『どこからも反対はない』と一体感を強調しましたが、僕たちは、そう簡単に開幕は迎えられないだろうと考えています……」(NPB関係者)

     じつは今この裏で、真っ二つに “分断” された、球界オーナーたちの熱い攻防が、繰り広げられているというーー。まず、「楽天は、開幕に前向きではありません」と話すのは、楽天担当記者だ。

    「3月31日に、パ・リーグ社長会が開かれました。パ6球団の社長がオンラインで集い、新型コロナウイルスの感染拡大で『当初予定していた4月24日開幕は困難』と、開幕再延期について、あらためて議論が交わされました」(楽天担当記者)

     そのなかで、楽天・三木谷浩史オーナー(55)の意を受けた立花陽三球団社長(49)から、シビアな提案があった。

    「立花社長が、ほかの5球団の社長に、『そもそも開幕していいのか?』と呼びかけたそうです。『強行して、感染者が出たらどうするのか。今年は全試合を中止したほうがいい』というのが、三木谷オーナーの本心なんですよ」(同前)

     それに賛同したのが、ソフトバンク・後藤芳光球団社長(57)だった。孫正義オーナー(62)も同様に、「中止もやむなし」が本音だというのだ。

    続きを読む

    2 風吹けば名無し :2020/04/07(火) 18:01:21.57 ID:OMSMN55S0.net

    阪神・藤浪が退院「深く反省し、お詫び」「より一層野球に精進」コロナ感染から回復

     阪神は7日、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受け、入院していた阪神・藤浪晋太郎投手が同日に退院したことを発表した。藤浪は「多くの方に多大なご迷惑とご心配をおかけしたことを深く反省し、お詫び申し上げます」などとコメントした。当面の間、自宅待機となる。

     藤浪のコメントは以下の通り。

     「この度はファンの皆様、野球関係者の方々、チームメイトや球団の方々をはじめ、多くの方々に多大なご迷惑とご心配をおかけしたことを深く反省し、お詫び申し上げます。今後はプレーでファンの皆様の期待に応えることができるように、より一層野球に精進して参ります」

     藤浪は3月14日に知人宅で行われた食事会に参加後、同21日に嗅覚異常を訴え、同26日のPCR検査で感染が判明。大阪府内の病院に入院していた。チームでは食事会に参加していた伊藤隼、長坂も感染。伊藤隼は今月5日に退院した。

     新型コロナウイルス感染者の退院は、症状改善後、一定時間を空けた2度のPCR検査で続けて陰性の結果が出ることが条件となっている。谷本球団本部長は3日に「2回連続はなかなかできていないですね。先発で受けた者も戻って、また繰り返しています」と説明していた。
    2020y04m07d_184555657
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00000092-dal-base

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2020/04/05(日) 14:59:04 ID:ba71GppV0.net

    2020y04m05d_171523230
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000065-dal-base
    阪神が5日、新型コロナウイルスの陽性判定を受け入院していた伊藤隼太について、同日に退院したと発表した。
    当面は自宅待機する。

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2020/04/05(日) 10:14:10.28

    阪神・藤浪ら、退院していない
    2020y04m05d_112641161
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200405-00000026-sanspo-base

    新型コロナウイルスに感染して入院している阪神・藤浪、伊藤隼、長坂について、
    松尾広報部次長は4日、「変わらず、退院はしていないです」と説明。
    球団内から新たに体調不良者も出ていないことを明らかにした。
    『当面の間』としているチームの活動休止期間については「変わっていません。
    いつか再開するので、それに向けて調査している」と話した。

    続きを読む

    1 風吹けば名無し :2020/03/31(火) 14:34:40 ID:KjLbPaUr0.net

     西武・森は自宅待機を休養に充てた。「じっとしていました。こればかりは仕方ない」。
    全体練習では打撃、守備練習などに汗を流したが、先行きは不透明。「必要最低限のことだけは取り組んでいきたい」と気を引き締めた。
     
    また大阪桐蔭時代にバッテリーを組んだ1学年先輩の阪神・藤浪が新型コロナウイルスに感染したことについては「連絡は取っていません」とだけ話した。
    2020y03m31d_152105322
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200331-00000051-spnannex-base

    続きを読む